オーガニックコットン

自然環境や栽培に携わる人にやさしい素材

HACOFUNEでは、なるべくオーガニックコットンの素材で作られたものをセレクトしています。

従来のコットン栽培では、害虫駆除、落葉剤など、たくさんの化学肥料と農薬が使われ、土壌や水質への環境負担が問題となっています。一方、オーガニックコットンは農薬と化学肥料を使わずに栽培するため、土壌や水質汚染が少なくなります。また、オーガニックコットンの栽培基準には労働者の安全や健康・児童労働に関する規約も含まれています。。

 

オーガニックコットンは環境や身体への悪影響が少なく、地球にも自分の身体にも良い素材であり、又、オーガニックコットンの積極的な使用は、綿花栽培に携わる人々を守ることにもつながるのです。

 

 

Chetna Organic

大地と、育てる人の幸せを真剣に考えた オーガニックコットンシリーズ

コットン生産量、世界第2位のインドでは、高価な農薬や遺伝子 組み換えの種を買いながら栽培に失敗し、借金や健康被害に苦し んでいる農民が大勢います。SISAM ORGANICのコットンを供給し ているNGOチェトナ・オーガニックは、農家の健康と生活、そし て環境を守るために、オーガニックコットンの技術指導に加え、 コットンだけに頼らない「飢えない農業」に向けた地道な取り組 みを行っています。

 

Sasha(サシャ) / india


[Sasha]はインドの古都コルカタで1978年に創立された
歴史と実績あるインドのフェァートレードNGOです
当時のインドでは安い機会製品が流入し、手工芸品の仕事が減る一方で
手工芸生産者は中間業者により不正や搾取に合い
経済的・社会的にも苦しい状況にありました
そこでSashaは、フェアトレードの理念に則り
受け継がれた手工芸の技術にて、職人たちが安定した生活ができるよう
地域固有の手工芸を復興させてきました
大切なのは、「安定した収入を得るだけでなく
世界に認められているという自信・自尊心を得ること」
という信念を持ち活動しています

 

 

『特集ページ』

ファッションの定番はフェアトレード×オーガニックコットンで!

×